信頼できる発毛クリニックを見つける方法– AGA(男性型脱毛症)対策で最も効果的な治療法を紹介。あなたの髪質・体質に合う薄毛治療病院がある

若ハゲの予防と対策 コレが効く!

鏡を見るたびに
もしかしたら若ハゲになったのでは!
生えぎわがまた広がってきたように思う!

そんな髪の毛のことで思い悩んでいるなら
ここで紹介している「若ハゲの予防と対策」を実践して下さい。

若ハゲで思い悩むことがストレスとなり、
それがさらに薄毛を進行させる「悪循環」に陥ることもあります。

でも心配はいりません
この記事では薄毛の前兆を示すサインも解説しています
あなたに症状に合わせた最適の薄毛治療法が見つかりますよ!

若ハゲの男性

若ハゲとは~老人性脱毛症との違い

若ハゲとは20代~30代に起こる頭髪が薄くなる症状で、
人によっては10代から髪が薄くなることもあります。

若ハゲは若年性脱毛症とも言われ、
額の生えぎわや頭頂部から薄くなることが多いのが特徴です。

若ハゲに対し40代以上で起こる薄毛は壮年性脱毛症または老人性脱毛症と呼びます。

(1)若ハゲの特徴

若ハゲ(若年性脱毛症)は男性ホルモンが活発となる20代~30代に発生するので
男性ホルモンと関係が深いAGA(男性型脱毛症)が原因のことが多いです。

AGAの場合は額の生えぎわが徐々に後退する「M字ハゲ」になったり、
頭頂部が薄くなり地肌が目立つ「O字ハゲ」になりやすいです。

(2)若ハゲと加齢ハゲ(老人性脱毛症)の違い

髪が薄くなる原因はAGA(男性型脱毛症)の他に
脂漏性脱毛症、円形脱毛症、老人性脱毛症などがあります。
(参照:AGAとは~あなたの薄毛は本当にAGA?

男性ホルモンが活発な若い男性に起こる若ハゲの原因は
圧倒的にAGAが多く、皮脂の分泌も活発なので脂漏性脱毛症が次に続きます。

40代以降に多い老人性脱毛症は髪を作るエネルギー自体が衰えることから
髪の毛全体が細くなり髪のボリュームが減っていきます

若ハゲの予兆 心配な前兆症状

地肌が見えるぐらい髪が薄くなる前に、自分でもわかる若ハゲの予兆があります。
下記に紹介する変化に気づいたらすぐに薄毛対策を始めましょう

フケかゆみ

髪質の変化
髪にハリやコシが無くなってくる
剛毛だったのに髪が柔らかく細くなったり
直毛だったのがくせ毛になるのは
髪に何らかのトラブルが起こっている可能性が高い。
頭皮の変化
頭皮が固くなったり、フケかゆみが増える

頭皮が固くなると血液循環が悪くなり髪の成長を阻害する。
フケやかゆみが出るのは毛穴が詰まったり細菌が繁殖している可能性あり。
抜け毛の増加
以前に比べて抜け毛が増えると要注意

100本/一日程度の抜け毛は正常。
毎日100本以上抜けたり、
これまでより抜け毛が増えてきたなら、薄毛が進行する可能性がある。

若ハゲの原因 こんな人は危険

20代~30代で髪が薄くなる若ハゲの症状が出てくる人がいる一方で
いつまでもフサフサした頭髪を保っている人もいます。
なぜこのような違いが起こるのでしょうか。
ホルモンや遺伝など、どうしようもない原因もありますが
生活習慣など本人の努力で改善できることもあります

インスタントラーメン

ホルモンと遺伝
10代後半から急激の増加する男性ホルモンは体毛を濃くする一方
頭髪に対してはマイナスの要素を与える場合があります。
ハゲは遺伝するとも言われ、特に母親からの影響が大きいです。
母親の家系で薄毛の人が多いときは要注意です。
生活環境
髪は皮膚や爪と同じように体の栄養状態によって
健康で太い髪になることもあれば細く弱々しい髪となることも
過度なダイエットファーストフードばかりだと
栄養バランスの乱れで髪に悪影響が出ます。
喫煙や睡眠不足、ストレスによっても髪の成長に影響を与えます。
頭皮環境
長期間洗髪しないのは衛生上問題ですが、
頻繁に洗いすぎるのも髪に悪影響を与えます
ポニーテールのような髪を引っ張る髪型や
帽子を長時間かぶるのも髪に影響を与えます。

(参照:薄毛の原因(頭髪、頭皮に関する4つの要因)

若ハゲの予防と対策

若ハゲの予防と対策にはいくつかの方法があります。
現在の薄毛状態によってどの対策法を選ぶべきかよく検討して下さい

予兆の段階であれば、
手軽に始められる育毛剤や育毛シャンプーから始めるのもアリです
薄毛が深刻な状態ならAGA専門クリニックを受診するのが賢明です。
どんな対策を選ぶにしろ「生活改善と育毛ケア」は必須です。
髪が健康になるにはあなた自身が健康である必要があります

(1)生活改善と育毛ケア

若ハゲの原因となる「生活環境」を見直しましょう。

1ー1)栄養バランスを考えた食生活
若い時は好きなモノを好きなだけ食べることが多いもの、
これでは栄養バランスが乱れて髪や体に問題が起こります。
また、過度なダイエットで必要な栄養素が不足していることもあります。

育毛のために五大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)を
バランス良く摂取しましょう

睡眠時間

1ー2)良質な睡眠
10代、20代は夜更かしで睡眠不足になりがち
理想的には約7時間の睡眠が健康的だと言われています。
また睡眠時間だけでなく、
成長ホルモンがしっかり分泌される良質な睡眠をとることが大切です。

下記に良質な深い眠りを得るために方法を紹介します
1)夕方に体を動かして体温を上げる
2)夕食は軽めに、就寝の3時間前までに済ませる
3)夜寝る前にはスマホなどのブルーライトを見ない

1ー3)ストレス解消
髪が薄いことばかり考えていると余計にストレスがかかります。
周りの人はあなたの髪のことはそれほど気にしていないもの、
若ハゲがストレスにならないように気持をおおらかに持ちましょう。
あなた自身のストレス発散法を見つけることも良いでしょう。

具体的なストレス解消法を下記に紹介します。
1)よく眠る
2)風呂に入る
3)カラオケで歌う
4)美味しいものを食べる

1ー4)禁煙
タバコは毛細血管を収縮させ髪に栄養が届かなくなるなど
育毛に悪い影響を与えます
もし喫煙習慣があるなら、すぐに禁煙に努力しましょう。

(2)育毛剤で若ハゲ対策できるか

育毛剤

薄毛が気になり始めたばかりであまり深刻な状態でないなら、
まずは気軽に始められる育毛剤を利用する方法があります
ただし、抜け毛予防効果は期待できますが、発毛効果までは難しいので
若ハゲが進行している場合は力不足です。

2ー1)育毛剤のメリット
市販の育毛剤なら気軽に入手出来る
自分の都合で使える(自宅ケア可能)

2ー2)育毛剤のデメリット
効果は限定的
自分に効果があるかは数ヶ月使ってみないとわからない
使用を止めると元に戻る

(3)AGA育毛クリニックと一般病院の皮膚科との違いとは

若ハゲを自覚し既に薄毛が進行している場合は
一般病院の皮膚科か育毛専門のAGAクリニックを受診するべきです

抜け毛予防だけでなく発毛を期待するなら
一般病院の皮膚科より育毛専門のAGAクリニックで治療するのがお勧めです。
一般病院の皮膚科では抜け毛を抑えるプロペシア内服薬を処方するだけなので
薄くなった頭髪を増やす効果は期待できません

生えぎわのM字がはっきり出ていたり頭頂部が露出している場合は
積極的な発毛治療を行ってくれる育毛専門のAGAクリニックで治療してもらうのが一番です。

3ー1)AGAクリニックのメリット
個人ごとに最適な発毛治療を提案してくれる
医師が診断するので副作用は最小限に抑えられる
育毛専門病院なので薄毛の質問に的確に答えてもらえる

3ー2)AGAクリニックのデメリット
先進治療を選ぶと費用は比較的高価になる
AGA病院は主に都市部にあり、地方には少ない
病院に通う必要があるのである程度時間がとられる